トップ / 学校に関して覚えていく

学校の知識を深める

学校に関して覚えていく

進む学校のセキュリティ対策

児童を狙った悪質かつ凶悪な事件が、ここ数十年の間に多発しました。自分よりも明らかに弱く小さな学校の児童を狙う犯罪は決して許せない行為です。教師の方もただ手をこまねいているわけではなく、警備会社と契約したり、校門を必要時以外は施錠するルールに変える等、不審者侵入を防ぐ色々な対策が練られています。その結果、学校に無断で入るのはたとえ保護者や近所の人々でも許されなくなりました。住居不法侵入という罪に問われる恐れがありますので、無闇に足に踏み入れはいけません。子供たちの安全を保護するため、地域住民の協力は不可欠です。

学校に侵入する不審者

学校に不審者が侵入する事件が相次いでいます。金品を狙った泥棒が学校に忍び込むケースは稀有です。侵入を試みる不審者の狙いは、いわゆる体操服やスクール水着といった、非常にマニア向けの品物となります。セーラー服などは高値で取引される事もあり、空き巣が宝石のように金目の物としてターゲットにしています。あるいは完全に性犯罪などを目的に忍び込む不審な人物もいており、か弱い女子生徒が狙われる事件が相次いでいます。セキュリティがかつてに比べて厳重になりましたが、まだまだ手薄な部分や死角はありますので、保護者と教師が一丸となって、対策を考える必要が出てきました。

↑PAGE TOP